文法器とは

文法器とは

文法器とはビジュアル世代に向けた、文法教具です。

古典文法の接続関係をわかりやすく図式化して、学習時間を短縮することができた教具です。

古文を学び始めたとき、生徒は 『ぬ』 の違いを正確に理解できないようです。

自信なさそうに答えて、間違えを繰り返すうちに、「文法は苦手」となりがちです。

文法器を使って、助動詞・助詞の接続関係を理解させれば、正確に現代語に訳すことができます。

赤いガイド枠に活用表を入れて、うごかします。

文法器

青色のプレートは「連用形」に接続する。黄色のプレートは「未然形」に接続する。

中野幸一推薦

「正訳 源氏物語 本文対照」全十冊 勉誠出版刊

文法器を使った授業風景(平成6年度ウチダ全国教職員発明考案コンクール努力賞)

我をして償はしめしのみ。

一目で古典文法の接続関係を理解させることができます。

より、わかりやすく、短時間で教えることができます。

生み出された時間を有効に活用することができます。

「古典文法」の授業を生き生きとした授業にすることができる教具です。


『文法器』使用説明書(pdf)はこちら

パンフレット(pdf)はこちら

これならわかる助動詞・助詞の接続「文法器」FAX注文用紙

Amazonからもお求めになれます。
※価格には合計額が反映されています。