わかりやすい古典文法

わかりやすい古典文法1  -助動詞の接続

さあ始めますよ。みんなの苦手な文法を楽々クリアーしちゃいましょう。

①次の質問に答えなさい

「花咲き。」の現代語訳はどちらですか。
イ、花がさいた。
ロ、花が咲かない。

さあ、わかるかなあ。わかんねえかなあ。どっちだべえ。

わかる秘訣は助動詞の接続なんだよ。

ポイントは「」の前にある活用形で決まってしまうんですよ。

この場合は「咲き」となっていますよね。ここがポイントのポイントなんだよおおおお~~~~~~。

連用形になっているよね。連用形に接続する「ぬ」は完了の助動詞の終止形なんだよ。。

わかんないねええ。何言っているだか。

わかない人は下の絵をみてちょうだいな。

① 連用形に接続する「ぬ」

連用形の接続

でもねえ、「ぬ」にはもう一つの「ぬ」があるんだよね。

そうそう、打ち消しの助動詞の連体形の「ぬ」があるよね。

言いたいことはねえ。下の絵をみてちょうだい。

② 未然形に接続する「ぬ」

打ち消しの「ぬ」

この場合には「咲か」となっていますよね。

ここがポイントなんだよね。未然形になっているよね。

つまり、「」というのは二つあるんだよ。

① 完了の助動詞の終止形

② 打ち消しの助動詞の連体形

動かしてみよう。

咲け咲け咲く咲く咲き咲か
命 令已 然連 体終 止連 用未 然
ぬれぬる
命令已然連体終止連用未然
ざれざれざるざりざら
命令已然連体終止連用未然

さあ、ちょっと仕組みが分かったかなあ。

古文を正確に理解するためには「助動詞の接続」は必須アイテムなんですよ。

助動詞接続の覚え方

さあ、覚えられたかな。二十回歌えば覚えられるよ。

覚えられたかな

小テスト-助動詞

覚えた人は次のステップ、「助詞の接続」に進んで見よう。

わかりやすい古典文法2-助詞の接続